So-net無料ブログ作成

新興市場。 [新興市場]

後場、盛り上がってくる可能性があります。

人気ブログランキング
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

ケネはもう少しだけ。 [ケネ]

時間がかかるかもしれませんが、時間足で良い所まで来ています。
明日までに700円に戻れれば、再び上昇を開始すると考えます。

何度も言いますが、ケネの今年は非常に面白くなると。
ケネ自身がこの株価水準は安い!!と言って、自社株買いするような価格で弱気になる筋合いはありませんからね。
注目しましょう。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

アスカ [アスカ]

切り返した可能性があります。
回転玉をマックスで仕込みます。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

引けるまで分かりませんが。 [相場観]

マザーズ指数も反転した可能性があります。

少しずつ、少しずつ。
でも、臆病になり過ぎない。
攻める時は攻める。

一緒に頑張りましょう。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

アスカとケネは。 [個別株]

押し目を止めて、上値を買って行きます。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

3808OKウイエブ [個別株]

ここで回転します。

再度の4000円割れ。
それを狙って行きたいと思います。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

強気転換します。 [相場観]

昨夜は徐々に強気転換すると言いましたが、アメリカが強過ぎるため、ここで私は強気転換します。

本来は、日経2万3000円越えを見てから強気転換なのですが、現在の相場を見るに多くの個人投資家が壊滅状態であると見られます。

非常にチャンスであると考えます。

個人がやられた後、相場が反転した局面で『下がれぇ~、下がれぇ~』と呪文が聞こえてくるような相場。
これは、個人が買えない相場でもあります。
個人が買えない相場 = 相場が高くなる は相場の常識です。

少し気合いを入れていくつもりです。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ナスダック三尊崩し進行中。 [相場観]

これが本物なら、ナスダックはここから大相場を形成するはずです。
ただ現状を見るに、そのスピードは緩やかなトレンド形成になりそうです。
よって、なかなか個人投資家達には理解出来ないとは思いますが、この相場は非常に強く長期的な相場になる可能性があると考えます。

また日経は、親分が上昇する以上、子分も当然上昇すると考えますが、こちらは現在、国内情勢と国外情勢でグデグデなため、懐疑の上での上昇となっています。
ただ、こちらも強い。

誰もが強気になれずに懐疑の中で『あれ?いつの間にか上がってる。』という相場。
これは、私のようなマニアックな玄人好みの相場です。

今年は久しぶりにサマーラリーになるかもしれません。
少しずつ少しずつ買い始め、7月前後から徐々に強気へ方針転換して行こうと考えています。

人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

アスカ本決算予想 [アスカ]

乙かれ様です。
今日のアスカは引き続き下落でしたか。。。
信用残高の高止まりは気になりますが、でも、本決算前に下落することは、とても好意的捉えています。このまま明日も下落して欲しいところです。

さて、恒例となった決算予想ですが。
正直、今回は社長交代という一大イベントがありましたので、本決算予想については悩みましたが。。。。
前福田社長は結局、叩きあげのワンマン社長であり、まだ会長として残っている以上、院政を敷いただけと考えますので、結局、いつもどおりのアスカ本決算になると考えます。

新社長の色が出せるのは、来期以降ではないでしょうか。
ということで、一つ一つ考えていきます。

1 メモリアル事業
 ここは特に言う必要はありませんね。前期は、恐らく売上、利益ともに微増であると。ただ、アスカ焼香台の件がありますので、利益は今後、微増から若干の上澄みが発生すると考えています。
 順調そのもの。

2 パブリッシング事業
 ご存じのとおり、ドコモからのOEMが絶好調であるため、昨年10月からラインを大幅に増設。その結果第3四半期決算では、売り上げの増加が歩留まりの悪化を上回るという絶好調さ。さらには、先の本板情報によると、今年8月、広島アスカ本社隣に新社屋建設予定。手狭になったこの部門の拡張ということらしいです。
 いやはや、ドコモOEM恐れ入りました。
 また、恐らくですが、アスカが新社屋を建設する背景には、ドコモ以外からもOEM供給の話が来ている可能性があります(ZENレイフラットを使用した赤ちゃんの等身大フォトのライン増設かも)。
非常に良い循環が生まれている部門となっています。

 それからマニアックな所で注目する点は、今期の設備投資額が前期と比較してどうなるかです。
これが前期同様に高額なら、今期もこの部門の飛躍は間違いなさそうです。
 
3 エアリアル部門
 この部門の注目するところは、今期計上する数字予想ではありません。
 というのも、アスカ首脳陣の中でも期待感はあるかもしれませんが、売れる売れないは『全く未知数で、それを当てに皮算用をする程、アスカは馬鹿ではありません』からね。
 ですので、恐らくですが、この部門の今期予想数字を見て、今回信用で買った連中は『罵声』を浴びせながら投げることになると思います(笑)が、そんな輩は放っておきましょう。
 
 それよりも注目していることは、前期のこの部門の売上です。
 もし、その売上が約1億5千万円前後になり、利益が第3四半期とあまり変わらないなら、それは面白いことになります。
このことは、それが実現したら書こう思います。

事業の予想はこんなところです。
その他発生し得る事象ですが。
自社株買いや増配は、比較的発表される確率は高いと考えます。
東証一部への昇格は、やるなら新社長が実績を作ってからですので来季以降かと。
また、考えられることとして、業務資本提携。これは、新樹脂製AIプレートが完成した今なら、高確率かも。合弁会社設立しての新樹脂製AIプレートを製造するワンストップ体制の構築。
当たらずともそんなに遠くない事があるのでは?と考えています。

だいたい今考えられる事は、こんなところです。
まっ。何にしても。
今期は楽しみな事だらけです。

人気ブログランキング

 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

新興市場大崩れ。 [相場観]

今朝、方針転換すると言ったのは、『休むも相場』から『押し目買い』ということね。
補足ですけど。

さて、新興市場が大崩れし始めました。
これは、昨日話した『嫌な予感』が的中ということです。
というよりまだまだで、今回の最終局面では、結構きつい売られ方をするとも考えています。


ここに来ている方々は、私が相場に対して警戒していて、リスクオフのポジション軽目にしていたことを知っているはずです。皆様方にあっても、多少なりとも参考になっていたのでは。

ということで、本日の今朝、方針転換したとおりです。
ここからは、押し目買いに徹します。

新興市場の負の連鎖が始まったと仮定すれば、最悪、ここから10%前後下落があります。
それも考慮して、押し目買いです。

とくにアスカとケネは今年が面白い。
よって、今朝お伝えしたとおりの水準を狙って行く戦略で行きます。
下がったところで弱気になる筋合いはないと考えます。


人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: