So-net無料ブログ作成

引き続き戦略に変更なしです。 [アスカ]

押したら買う。
強く押すなら強く買う。

っで、BOX上限に来たら一部利食い。

でも、そろそろどうでしょう?
その時は近いと感じていますが。

というのも、言うまでもなくアスカの基礎事業は、絶好調が確認され、また、ガラス製AIプレートも小ロットで売れるようになってきた。。。。。更には、樹脂製AIプレートもリリースされた。

このBOX相場もいい加減飽きましたね(笑)。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ここが最低ライン。 [アスカ]

残念ながら、今期予想数字は、みんなの予想とおりの保守的で代わり映えのない結果となり、私が先に描いた妄想は何一つ実現しましたが(笑)。。。。

アスカが発表した本決算での今期の数字。
この数字が最低ラインとなります。

今回の予想数字の中身を見ると、前期以上にパブリッシング部門で大型の設備投資があり、恒例の展示会費用の計上。
更には『パブリッシング部門は保守的に見積もって』とわざわざ言って、増収増益予想です(笑)。

どんだけやねん、アスカ(笑)

もう一度言います。
今回発表された予想数字。
これがアスカネットの今期の最低ラインです。

追伸
上記設備投資や展示会費用計上でも1株利益予想は約33円。
何もなければ、1株利益40円以上を。いやそれ以上を叩きだします( ^ω^ )。
恐るべしドコモOEM。。。
そこに樹脂製AIプレートが加わってくる。。。。

油断して調子に乗ってはいけませんが。。。
笑いが止まらないです。

人気ブログランキング

nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:

アスカネットホールディングスを考える。 [アスカ]

乙かれ様です。
本日はタイトルについて考えてみます。

私は、福田会長が何故会長職に退き新体制としたのか不思議でした。
というのも、アスカネットは福田会長そのものであり、高齢である事を除けば、そのカリスマ性、実力ともに福田会長の変わりはないのです。
それなのに、新体制とした。

私は、何か意図があると考えました。

その時、ふと脳裏に浮かんだのがソフトバンク孫正義会長でした。
あっ、福田会長はこれを狙ってるんだと気がついたら、またまたジクソーパズルが出来上がりました。

福田会長は世界に打って出るつもりだ。
残りの人生を賭けるつもりだって。

つまりは。
基礎事業であるメモリアル部門及びパブリッシング部門とエアリアル部門を現体制から切り離し、基礎事業は新社長が直接指揮をとり。
エアリアル部門は、大坪技術者を筆頭とした新部門とする。
また、樹脂製AIプレートが完成した今エアリアル部門の最大の課題は、ワンストップ体制の構築であるため、そのために人、物、資本を一箇所にまとめた合弁会社が必要となります。

よってアスカが行うことは、現在樹脂製AIプレートの製造及びタイリング会社と業務資本提携し、アスカネットを100%引受先としたとアスカネット3D株式会社を設立すること。

そして、メモリアル部門とパブリッシング部門をまとめたアスカネット株式会社。
合弁会社で設立したアスカネット3D株式会社。
それらをまとめたアスカネットホールディングスの設立。

そのトップとして福田会長は、君臨するのではないでしょうか。

もしこの妄想が実現するなら、その期待感、本気度は半端ではないね。
福田会長の残りの人生を全て賭けた大博打。
なんかワクワクしてきませんか?

まっ、あくまでも妄想でありますが、もしこれが本決算で発表されれば。。。。
信用MAXでもお釣りがくるという事ですね。

本日は以上です。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

アスカ [アスカ]

時間足のテクニカルを見ていると、本日は時間経過する程、伸びてくる可能性がありますね。

さて、今回再び200週線(約1800円前後)の壁に挑戦することになると思いますが、これで一体何度目の正直となるでしょうか。

前回は、突破したぁ!!と思ったら、そこから突き落とされぬか喜びとなりましたが。。。。
今回は本決算が材料です。
それを破壊するには十分な材料です(逆にこれで突破できないなら・・・・・怖い(@_@;))
結局、当初自分で言った通りの展開になっているから、自分でも驚き(笑)ですわ。

ということで、ここまできたら、もう何も言う事はありませんね。
この強力な抵抗線を破った時。
それが、新生アスカの誕生ということです。

注目しましょう。


人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

アスカ [アスカ]

切り返した可能性があります。
回転玉をマックスで仕込みます。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

アスカ本決算予想 [アスカ]

乙かれ様です。
今日のアスカは引き続き下落でしたか。。。
信用残高の高止まりは気になりますが、でも、本決算前に下落することは、とても好意的捉えています。このまま明日も下落して欲しいところです。

さて、恒例となった決算予想ですが。
正直、今回は社長交代という一大イベントがありましたので、本決算予想については悩みましたが。。。。
前福田社長は結局、叩きあげのワンマン社長であり、まだ会長として残っている以上、院政を敷いただけと考えますので、結局、いつもどおりのアスカ本決算になると考えます。

新社長の色が出せるのは、来期以降ではないでしょうか。
ということで、一つ一つ考えていきます。

1 メモリアル事業
 ここは特に言う必要はありませんね。前期は、恐らく売上、利益ともに微増であると。ただ、アスカ焼香台の件がありますので、利益は今後、微増から若干の上澄みが発生すると考えています。
 順調そのもの。

2 パブリッシング事業
 ご存じのとおり、ドコモからのOEMが絶好調であるため、昨年10月からラインを大幅に増設。その結果第3四半期決算では、売り上げの増加が歩留まりの悪化を上回るという絶好調さ。さらには、先の本板情報によると、今年8月、広島アスカ本社隣に新社屋建設予定。手狭になったこの部門の拡張ということらしいです。
 いやはや、ドコモOEM恐れ入りました。
 また、恐らくですが、アスカが新社屋を建設する背景には、ドコモ以外からもOEM供給の話が来ている可能性があります(ZENレイフラットを使用した赤ちゃんの等身大フォトのライン増設かも)。
非常に良い循環が生まれている部門となっています。

 それからマニアックな所で注目する点は、今期の設備投資額が前期と比較してどうなるかです。
これが前期同様に高額なら、今期もこの部門の飛躍は間違いなさそうです。
 
3 エアリアル部門
 この部門の注目するところは、今期計上する数字予想ではありません。
 というのも、アスカ首脳陣の中でも期待感はあるかもしれませんが、売れる売れないは『全く未知数で、それを当てに皮算用をする程、アスカは馬鹿ではありません』からね。
 ですので、恐らくですが、この部門の今期予想数字を見て、今回信用で買った連中は『罵声』を浴びせながら投げることになると思います(笑)が、そんな輩は放っておきましょう。
 
 それよりも注目していることは、前期のこの部門の売上です。
 もし、その売上が約1億5千万円前後になり、利益が第3四半期とあまり変わらないなら、それは面白いことになります。
このことは、それが実現したら書こう思います。

事業の予想はこんなところです。
その他発生し得る事象ですが。
自社株買いや増配は、比較的発表される確率は高いと考えます。
東証一部への昇格は、やるなら新社長が実績を作ってからですので来季以降かと。
また、考えられることとして、業務資本提携。これは、新樹脂製AIプレートが完成した今なら、高確率かも。合弁会社設立しての新樹脂製AIプレートを製造するワンストップ体制の構築。
当たらずともそんなに遠くない事があるのでは?と考えています。

だいたい今考えられる事は、こんなところです。
まっ。何にしても。
今期は楽しみな事だらけです。

人気ブログランキング

 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

アスカテクニカル。 [アスカ]

このまま安く引けると、4月以来の下落トレンドへ入ります。
来週本決算のため、多くのホルダーが期待することは良いのですが、残念ながら信用残高が積み上がってしまっています。

需給悪化にテクニカルで下落トレンドとなれば、瞬間的に大きな下落も視野に入れなければなりません
1600円前後で止まるとは考えていましたが、少し甘いのかも。

まっ、でも、やることは同じです。
押したら買う。
強く押すなら強く買う。

以上となります。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

200週線を破る意味。、 [アスカ]

それは目先1800円から2400円へのボックスチェンジ。
そして念願であった、長期に渡る三尊天井のブレイク。
それを意味します。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

とうとう捉えた200日線! [アスカ]

昨年の7月下旬以来の約一年ぶりに200週線を捉えようとしています(昨年9月に一度挑戦したのですが、結局樹脂製が完成していなかったため跳ね返されました。)。

今回これを捉えて、そして超えていければ、今度は、今後数年間は下回ることがない(下回っても戻ってくる)強力な下値サポート線となるでしょう。

それ程、この抵抗線はアスカにとって重要でまた強力な壁であったという事です。
でも、それも今回の挑戦で最後となります。
見事に破ってくれるでしょう。

さて、今後ですが。
これで次の価格帯へ移行することができます。
ただ、この次の価格帯は、昨年のエセ祭りの価格帯でもあるため、中々タフな戦いとなります。
でも、やる事は今までと同じですよ。
上値抵抗線近く来たら一部利食い、下限に来たら押し目買いをする。
その戦略に変わりはありません。
何故なら、その価格帯でもチャートは下値を切り上げる形になると考えているからです。

という事で、次の投稿ではとても大切なことを書きたいと思います。
皆様方にあっては、是非に実践して頂き、今回のアスカの上昇に置いていかれる事がなければ幸いです。

っで、お願いなのですが。
ランキングアップにご協力を。
アップすれば、書く気力がどんどん(笑)湧いて来ますので(どっちみち書きますが(笑))。
下記ボタン連打よろしくっ!

人気ブログランキング

追伸
200週線を破る意味、それは。。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

アスカネット [アスカ]

後場動き出しましたね。このまま高いと4月初旬以来の日足での短期上昇トレンドに乗ります。
また、この形は、日足と週足の同時での上昇トレンド転換ですので、非常に強い形となります。
でも、まだ確定ではありません。

本日の引け値で〇〇〇〇前後を超えて引けると確定です。

注目しましょう。

その場合は、目標値は。。。。とりあえず引けで〇〇〇〇円を前後を取れたら書きます。

人気ブログランキング
〇〇〇〇前後の答えはブログランキングへ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: