So-net無料ブログ作成

完成しました。 [アスカ]

アスカAIプレートの歴史。

これで、今、アスカAIプレートがどの位置にいるか、多くの方々に分かって頂けるはずです。
マジで時間かかりました(*_*)。でも、一生懸命作りました。
是非に読んでください。

追伸
最終チェックしていますので、後でアップします。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

悪くはないが良くもない。 [アスカ]

私は、今回の中間決算から業績相場が明確に始まると考えていて、それが数字になって現れると考えていましたが。
結果は、私が期待する程の数字とはなっていません。

私が予想していたエアリアル部門の売上は、単独で1億円越えです。利益は予想どおりです。

これは、海外で大型AIプレートが売れていると考えていたためですが。。。
社長談は?というjことになります。

っと、よく分かりませんね。
IRに聞いても、恐らく答えてくれませんので、次回の展示会で関係者に直接聞くしかないですわ。

っと、その他の部門は、予想通りの好調です。
パブリッシング部門では、ドコモだけでなく他へも供給するので、更に売り上げはアップします(ただし、第3四半期は、新規設備のため多少、歩留まりが悪化します)。この部門が好調であるため、エアリアル部門の各種展示会費用をカバーしています。

最後に株価ですが。
ん~。
多くのアスカホルダーに明確に伝わる形での数字が欲しかったのは事実。
理由は、言うまでもなくそれが実績だから。
でも、確実に売り上げは伸びているけど、爆発的に明確な数字となって伝わらなかった。
よって、信用残高も重たいので、投げ一巡までは調整を強いられるかと。

でも、それ以降ですね。
樹脂製は、過去の実績から間違いなく改良版は完成します。
よって、それによる期待感もあるため、投げ一巡後は底堅くなるのでは。
まっ、〇〇〇〇〇、〇〇〇〇〇〇〇と考えてください。

株式ランキング
〇〇〇〇〇、〇〇〇〇〇〇〇の答えは人気ブログランキングへ。
何も心配する必要ないよ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

回顧録 [アスカ]

そういえばアスカの中間決算発表日は今日でしたね。
長かったね。。。。。。(笑)

今、いろいろ思い出しています。
アスカネットが上場後、競合他社に追われ、ジリ貧状態となっていたこと。
そんな時に突如、空中に画像を浮かばせる事業を始めるって言いだしたこと等。

当初は、『はっ?何それ?』本業がままならなくなった企業が怪しい事業に手を染めて身を滅ぼすパターン?なんて勘ぐった記憶もあります。
事実、その発表から半年以上何も発表されなかったので、やはり騙されたと。

でも、そんなある時、アスカからIRがありました。
東京ビッグサイトで展示会をやります。
AIプレートを東京でお披露目しますって(実は、その前に広島の小さな展示会でお披露目されていた。)。

私は意を決して、上京(笑)しました。

東京なんて、それまでほとんど言った事がありません。完全におのぼりさん状態。
朝の地下鉄の通勤ラッシュは怖い。東京駅人多過ぎ。気持ち悪い。早く帰りたい。。。

それでも、そこまで行った以上、何か得るものを得て帰ってやると、そんな思いで東京ビッグサイトに到着しました。

でも、そんな展示会なんて初めての私。余りの巨大な建造物で、とんてもない数の企業展。。。
右も左も分かりません。怖くて怖くて(笑)。

っで、やっとの思いでアスカネットブースを見つけたはいいのですが、アスカネットブースには誰も居ない。
関係者らしき人間がちらほら。。。なんかヤバい匂いプンプン。

当然、私は怖くて近づけない。1分、5分、10分。。。。近くでウロウロ。怖い。帰りたい。
でも、そこにアスカネットブースがある。

清水の舞台から飛び降りるとはよく言った物です。
もうどうとでもなれ!の気持ちで、アスカブースへ。。。。。そこで見たものは。







初めて、その展示物を見た時の私を、誰かビデオで撮っていたら、恐らく爆笑ものです。
何故なら、余りにも展示物の酷さに『ぶっ倒れそうになっていたからです(笑)。』

そこには、想像していたものとは、かけ離れた小さな小さな、空中にあるかないか分からないお世辞にも綺麗と呼べない結像が、ポツンと。。。。。。。

私は、顔を真っ赤にして、その場をダッシュで逃げました(笑)。
余りにも期待値を上げ過ぎていて。情けなくて。

何しに東京まできたのかって。。。。

半分泣きながら、会場を後にしようとしたのですが。。。。
いや、待て待て。
ここで逃げるな。

これがお前の最期の投資だろ?
だったら、しっかり目を見開いて、確認しケリを付けろって、心の声がね(笑)。

っで、もう一度アスカ展示ブースに戻って、しっかり確認しました。
不思議なものです。
2回目は、落ち着いて見れました。期待がなくなったからです(笑)。

そこには、10センチ角のAIプレートが『ちゃんと』ありました。。。。。
小さな、小さな赤ちゃんのようなAIプレートとその結像。

今でも忘れません。
アスカネットAIプレート。
天才大坪誠の生涯を賭けた作品が、そこに産まれていたのです。


とても懐かしく、その時間、その場所、その作品を思い出している私がいます。
もう、ここまで来てしまえばジタバタしても無駄というものです。
静かにその時間を待ちたいと思います。

株式ランキング
静かに待っていただける方(笑)は、ワンポチプリーズ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

アスカ中間決算について [アスカ]

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。

さて、いよいよ今週末に中間決算ですが。。。。
やっとですね。。。やっと、ここまで辿り着きました。本当に長かった。

だって、AIプレートがアスカに来てから6年ですもんね。。。
ホントに長かった。、、、、

でも、これでね。
多くのホルダー達にも、アスカが業績相場へ移行したことが知れ渡ると思います。
AIプレートは、ようやく売れたんだって。。。商品となって認められたんだって。

だから、もう心配する必要はないよ。


さてですが、中間決算前までに、少しだけ内容を復習しておきますね。

言うまでもなく、メモリアル部門は鉄板。
パブリック部門は、第3四半期に1億5千万円投資して新規ラインを増設するほど好調。
そしてエアリアル部門は、社長談のとおり、生産が追いついておらず、受注を断っている状態。

既存の情報から推測すると、売り上げはそれなりの数字が出てくると。
でも、私はここからもう一つ踏み込んで推測します。。。

それは利益です。

パブリック部門は、第1四半期に驚愕な利益を叩き出しています。
この流れは、第2四半期も継続すると考えてます。
問題は、エアリアル部門。
前期に2回、海外と日本で展示会を行なっており、その内のシーテック出店費用はアホ程高いです。
普通に考えれば、1億5千万前後の赤字になると。

でも、もしですが。
このエアリアル部門の赤字額がそれよりも少ないなら。
例えば、第1四半期と変わらずなら。
それは、凄いことに。
まっ、これは妄想ですけどね(笑)。

ということで、今回の中間決算、非常に注目しています。

追伸
社長談『生産が追い付かないため断っている。』について。
普通に考えれば、月産10枚前後の大型AIプレートであろうと考えます。
というのも、通常プレートは月産数千枚生産する能力があるためで、もし、これの生産が追いつかなくて、断っている状態なら、とっくに株価は跳ね上がっているからです。

よって、受注を断っているのは、大型AIプレートであると考えています。

株式ランキング
書く励みになってますよ。
ワンポチ、ありがとね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

AI時代の筆頭となったAIプレートに一切の死角なし! [アスカ]

おはようございます。
今朝のこちらの天気は快晴ですが。。。。
嫁がノロウイルスに感染し、夜中からダウンです。今も寝込んでいます。
っで、いつもどおりですが、子供たちの世話と家と庭の掃除、洗濯を終えて、ようやくパソコンの前に座りましたよ。

ということで、本日の1本目は、アスカネットについてです。
本日もよろしくお願いします。

さてですが。
先日のSuperFlyの動画は凄かった。
先週の落合グラスの心臓部に採用されたことも凄かった。

AIプレートがアスカに来て以来、ずぅ~と見て来たけど、最近の進化のスピードは目を見張るものがありますね。

それから1:nについては、多くのアスカホルダーでさえ知らない事実があるよ。
それは、2年前まで現実的には2倍が限界で、また、製品になるかどうかも分からなかった存在だったということ。

それが今ではSuperFlyとなって現実化し、更には大型化までして、更には更には、その飛び出し距離は理論値3.3倍で私達の目前にある
これ奇跡なんだから。

また落合グラス。。。。。。。。。
一体誰が、グーグルグラスのライバルになるなんて思ってましたか?

最早、大型化して、サイネージ用途だけ抑えておけばよかった代物ではなくなったよ。
別次元の製品。

ただそれに、周りの企業が追いついてこれないだけ(特に日本企業。。。情けない)。
余りにも革新性が有りすぎて、時代が追いついていないだけ。
それから基礎事業のパブリック部門は、ドコモOEMを得て更に伸びる可能性がある。

アスカの実力はこんなものではない。

今に、東証マザーズを卒業し東証1部へ行くよ。
そして、時価総額も並み居る東証1部の上場企業を凌駕する。

エアリアル部門が産み出す利益率の高さ。
もう間もなく、すべての個人投資家が知ることになるでしょう。

株式ランキング
今日もワンポチありがとね。
引き続き、書き続けるですよ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

SuperFlyの動画見ました? [アスカ]

まだ見られていない方は是非にみて下さい。
https://aska3d.com/en/news/171130.php

これ凄いね。
動画で見ても、その飛び出し距離と浮遊感が分かる。
今までは、動画で見ると途端に浮遊感がなくなった。
画像にピタッとくっついてね。

それが、今回の動画では、浮遊感が半端ない。それから3D感も。
動画で分かるレベルまで、早くも進化したということだね。
また、理論値では、最大で1対3.3まで可能ということだから、それが可能になったら、それは恐ろしいことに。。。


これは楽しみになってきた。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

AIプレートの使用用途を大きく変化させる事象の発生 [アスカ]

言うまでもなく、落合氏の作品(以下『落合グラス』という。)の誕生を指しています。

この落合グラスの誕生は、従来『AIプレートは大型化以外費用対効果は少なく。サイネージ等でしか使用用途はない。 』から『極小サイズ(数センチ)で、組み込み製品に組み込まれてこそ、その費用対効果は最も発揮される。』に、その価値観を180度ひっくり返すことになるでしょう。


そしてこのことは、今後通常サイズAIプレート(50センチ角、50万円のガラス製AIプレート等)の役割を、製品から、それらの一部として、大きく変化させることになるでしょう。


おいおいっ、ちょっと待てよ。
落合グラスのAIプレートは特別に作られたもので、落合氏も通常のAIプレートではないと言ってるではないか?何、勝手な妄想膨らませてんだよっ! なんて声が聞こえてきそうですが。。。

確かに今回のAIプレート。
落合グラスに合わせて特別に作られたものであると思いますが。。。。

私はこの落合氏に納品したAIプレートは、大型AIプレートに使用している、選りすぐりのAIプレートの一部であり、それを更に小型化し、落合氏に納品したものであると考えています。

何故なら『現状ガラス製AIプレートは、今以上に薄くすることはほぼ不可能でその輝度、その詳細度は、限界に来ている。』からです。
よって、落合氏用に特別に作った?と聞いても、一体何を?となるのです。

それから、大型化の時もそうでしたが。
通常サイズAIプレートから良い所取りすると、歩留まり率が悪化して、逆に価格が上昇するのでは?と、またまた突っ込みを受けそうですが。

これも、大型化する際の歩留まり率悪化の最大の理由は、『積層方式で作るガラス製AIプレートの切断面がすべて均一ではなかったため、その断面をさらに加工する必要があった』から、歩留まり率が悪化したのです。

小型化は、その作業がありません。

更には、小型化は、通常サイズから複数枚を取れる可能性があるため、劇的に価格は安くなると考えています

落合グラスの誕生。
後から歴史を振り返った時、ここがIoTの進化の分岐点であった。
そう評価されると考えています。

追伸
もし、来年のシーテックで”落合グラス”がお披露目されたとしたなら。。。。。
楽しみで楽しみで仕方ないですわ(^○^)。

追伸2
この推測の裏は取っていません。
何故なら、IRに確認しても答えてくれないからです。
ですので、次の展示会で大坪さんか矢野ちゃんに会うまで、この推測の答えはお預けとなります。


株式ランキング
今日も応援感謝ですよ。

ところで最近、頑張って書いているのですが。。。。つくづく自分は、文章能力が乏しい。
思っていることの半分も伝えきれてない。
学生の頃、もっと勉強しとけばよかったって、今更ながら思ってまつ(@_@;)。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

いきなし、IoTの雄!時代の筆頭銘柄へ(笑)。 [アスカ]

いやぁ〜(^O^)、魔坂の魔坂でしたね。
先週の落合氏の作品は。
アスカAIプレートが凄いのは分かりきってたけど、いきなり時代の最先端技術に採用されるとは。
魔坂、IoTの筆頭銘柄へ躍り出てくる可能性まで秘めているとは思いもしませんでした。

今更ながらIoTを簡単に説明しますと、通信機能を持った物と様々な物がリアルタイムで結ばれること。
その中でウエアラブル端末であるスマートグラスは、AI時代のど真ん中。
しかし、消費者に受け入れられるレベルでのウエアラブル製品は皆無。
一流企業どころからベンチャー企業まで世界中の様々な開発者が取り組んで来たのに、未だに本命の製品すら誕生していない。
よって、ドラゴンボールのスカウターレベルの製品の開発は『今の世の中の技術では不可能』となるところだったのに。。。

アスカAIプレートを組み込むことによって、普及するかもしれない。

こんなにワクワクすることって、今まであった?

やはりアスカAIプレートは、単なる発明ではなく、この時代のイノベーションであったという証拠に他なりませんね。よって、およそ、本板に居る売り方のポンコツ共には、理解できないのだろうね(笑)。
彼らは、いつまでも『そこ』に居て、時代に取り残されれば良いですわ(毒っ”!)。

あ〜(๑╹ω╹๑ )、気持ちいい(笑)。


追伸
次の記事は、落合氏が発明した作品によって、息を吹き返したガラス製AIプレートについて書きたいと思います。お待ちください。


株式ランキング
ありがとう!再び順位上昇中です。
書く励みになってまつ(^○^)。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

日足で買い転換するか? [アスカ]

アスカネットです。
本日の終値が昨日の終わり値を超えれれば。つまりはプラス引け出来れば、買い転換となります。

引け値に注視しましょう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)について考える。 [アスカ]

過去、グーグルグラスが世に出た時に『凄い世の中になったなぁ~』と思ったのだけど、でも同時に『これじゃないんだな。』。

私達が想像していたのは、ドラゴンボールのスカウターなんだな(笑)。って

透過型が大前提で、しかも、カメラなんて野暮な物はコンパクトに収納されていて、しかも眼鏡自体がスマートでファッショナブル。っで、当然スマホとリンクして。。。。。
そんなHMDが欲しかったのだよね。

今回の落合氏の一件をきっかけに色々調べました。
過去世の中に出てきたHMDと呼ばれる物は、すべて、何かしら『突っ込みたくなる。』要素があるのですね。

いや、デカ過ぎでしょ。とか、前見えないでしょ。等々ね(笑)。

でも、今回の落合氏の3Dモック版。
これ、正直かっこいいよね。センスがあるというか。

っで、通常サイズの眼鏡より少しフレームが大きいくらい。
これスマホとリンクしたりして、このモック版が実現するなら、買うでしょ(笑)。

魔坂、先々にこんなワクワクする製品が誕生する可能性があるとは思いもしませんでしたね。

本当にAIプレートって凄い。
本日は以上です。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ: