So-net無料ブログ作成
検索選択

AIP雑感 [アスカ]

積層方式樹脂製が完成しているのに、さらに進化を求めて堂々巡りに突入した時点で分かっていた事ですけど、今回の組み込み製品を見て、改めてAIPの弱点を再確認しました

それは、アスカAIPは、「30センチ角程度のサイズ」では、組み込み製品に組み込むメリットがないということです。

これは、すべて「視野角」の問題であり、AIPが小さいと、当然見える範囲も限定されるわけです。
つまりは、〇〇〇ー〇〇〇〇〇〇ではないということです。
これは、全世界で売る以上、必ず克服しなければならないことです。

よって、組み込み製品とする場合、最低でも50㎝角が欲しい。サイズが大きく成るため自然に見える範囲も拡大するためで、誰にでも認識できるからです。

人気ブログランキング
〇〇〇〇の答えはこちら。ワンポチ、お願いします。

この事が要因となって、スマホサイズの大きさしかできない積層方式樹脂製は、止む無く選択されなかったと判断します。

現在挑戦している新樹脂製法は、「組み込み製品用」として開発されているようです。
つまりは、上記弱点を克服できるから、こちらを選択したということです。
気長に待ちましょうか。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

ちゃんまん

はじめまして。
最近、AIPの将来性に期待してアスカネットをちょこちょこと買っています。(と言っても資産の数%程度ですが)
AIPについて調べている内にこちらのブログにたどり着き、鋭い考察とためになる情報に感銘し何度も読み返させてもらいました。
どうやら樹脂製プレートの量産化は私の考えていた以上に時間がかかりそうですが現物アホールドで気長に待つことにします。
更新楽しみにしています。
by ちゃんまん (2017-07-09 01:04) 

S(エス)

ちゃんまんさん、乙ですよ^o^。
ご来訪感謝でつ。

出来る限り、分かり易く伝えていくつもりですが、分からない事ありましたら遠慮なしに聞いて下さいな。

よろしくです。

by S(エス) (2017-07-09 21:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0